MACD系のEA稼働状況(2020年4月~5月)

EA稼働状況
スポンサーリンク

2020年4月16日~2020年6月1日までのEA稼働状況についてです。4月~の相場は本当に難しい相場だったと思います。

トレード収支状況は、当ブログのサイドバーからトレード履歴やポジション状況等の詳細が確認できます。
※gogojungleの機能を使って表示しています

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

EA状況

結果はトントンぐらいにまでなりました。特に4月の中頃がMACDが全く機能せずボコボコにやられましたが、5月に入ってからはMACDが機能し何とかプラスマイナスゼロラインにまで回復しました。

4月の中旬~4月末

EA稼働初日から4月26日まで怒涛の負け(約210pips)を記録してしまいました。この期間は本当にMACD(15分~4時間)で順張りトレードしていた方はかなりきつかったのではないかと思います。

4月16日~4月末までの米ドル/円の値動きは上がりもせず下がりもせずでしたが、動くときには一瞬で50pipsぐらい動くような相場はかなり苦手だったようです。

※米ドル/円の4時間足チャートです

黄色枠の部分が特に勝てませんでした。4時間足で見ると本当にレンジ相場という感じです

5月の頭~6月頭

5月に入ってからはMACDが有効に機能していたようで、順調に利益を乗せて行く事ができました。方向感としては逆に5月は順調すぎるぐらいでした。

※米ドル/円の4時間足チャートです

この黄色枠の部分が勝てている部分です。これぐらい波がはっきりしているとどうやらうまくトレードできるようです。6月2日の108円を上抜けていった部分もしっかりと107円台でロングエントリーできており現在はプラス収支に転じています。

まとめ

コロナ相場と言いますか、結局4月は方向感が出なかった相場になってしまったように思いました。日経平均株価もダウ株価もそうですが、下げる下げると思っていて全然下がらないパターンでむしろ上がるという形になりました。

リアル口座の方も別のEAに全て任せていたので、4月は負け越しましたが自分で裁量トレードをやっていると、多分もっと負けていた相場だったと思います。レンジ相場だと決め込んでトレードしていたら勝てていたかもしれませんが・・・。

今後の相場は、上がるかも下がるかもまだわからない状態ですが短期的には米ドル/円は上げ目線なのかなーと思っていますが、実際どうなるかは全然わかりません。

MACDのEAはについては、とりあえずもうしばらくこのまま稼働させていこうと思います。

コメント