おすすめのヒストリカルデータ4選

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

EAを取り扱う上で、ヒストリカルデータ(過去チャートデータ)は必要不可欠な存在です。

今回はヒストリカルデータをどこで準備したらいいか迷っている方に向けて、おすすめのヒストリカルデータをいくつかご紹介します。

ヒストリカルデータを取得するまでの手間や、MT4への展開の容易さ、データの正確性等を考慮した内容になっておりますので是非参考にして頂ければと思います。

ヒストリカルデータ提供先

まず、ヒストリカルデータ(過去10年以上のチャートデータ)を提供してくれている所ですが、今回は4種類ご紹介します。

FXTF

オススメのヒストリカルデータ

FXTF

当該業者データのため正確

ファイルインポート型

2012年1月3日~のデータ

9

総合値

10

正確性

7

データ量

5

お手軽度

まずはFXTF。ここのメリットはFXTFのヒストリカルデータというところです。

どういう事がというと、FXTFでEAを稼働した場合の値動きに限りなく近いヒストリカルデータを取得できるという事です。データ量が他に比べたら少ないですがそのデメリットも補う程の価値があります。

欠点としては、ヒストリカルデータをダウンロードするには口座開設が必要というところです。1度口座開設をしてしまうとダウンロードし放題です。ただ、スプレッド・スワップ共に贔屓目無しにトップレベルのパフォーマンスなので口座開設して損はないでしょう。

・アルパリ(Alpari)

オススメのヒストリカルデータ

Alpari

正確性〇

ワンボタン型

1999年1月4日~のデータ

9

総合値

8

正確性

9

データ量

8

お手軽度

続いてはアルパリです。ここのメリットはヒストリカルデータの正確性が高いということろです。

また、デモ口座登録を行えばヒストリカルデータを取得する事が可能ですが、海外サイトかつショートメッセージでの確認が必要なため電話番号登録を行う必要があるので少し面倒というのがあります。

ただデモ口座さえ開設してしまえば、ワンボタンでヒストリカルデータをダウンロードできます。

FXDD

オススメのヒストリカルデータ

FXDD

正確性は△

ファイルインポート型

2005年1月10日~のデータ

8

総合値

6

正確性

9

データ量

6

お手軽度

ヒストリカルデータを入手する際、必ず聞くのがFXDD。ここのメリットは誰でもデータダウンロードが可能というところです。

データの適用方法は少し面倒(ファイルインポート型)ですが、どのMT4を使ってもいてもヒストリカルデータを適用できるので良いですね。

メタクオーツ

オススメのヒストリカルデータ

メタクオーツ

正確性×

ワンボタン型

1971年1月4日~のデータ

7

総合値

4

正確性

9

データ量

10

お手軽度

最後は、メタクオーツです。

ヒストリカルデータの入手方法はワンボタンなので極めて簡単ですが、データの正確性が不安です。次項で解説しますが前述した3つのヒストリカルデータとわりと乖離しています。外為ファイネストのMT4を使っている場合、取得する事が可能です。

また、XM等でも同様のデータを取得できます。

各種データで比較する

先ほど挙げた4種類のデータを比較してみましょう。

右下のメタクオーツの値を見ると明らかに他3つと値が乖離している事がわかります。
※左上のFXTFは日本時間のため7時間先のデータで確認しています

さいごに

以上がおすすめのヒストリカルデータ4選となります。

普段私が利用しているヒストリカルデータを紹介させて頂きました。基本はFXTF、アルパリでバックテストを行い、FXDDやメタクオーツは参考程度に流すような感じです。

色んなヒストリカルデータを保持しておいて損はないので色々試してみましょう!

コメント