MT4でヒストリカルデータを取り込む方法(FXDD)

MT4
スポンサーリンク

MT4でヒストリカルデータ(過去のチャート)を取り込む方法について記載します。
※ドル/円で説明していますが、他通貨ペアの場合も手順は同じですので文言を置き換えてご確認ください

バックテストを行う場合、過去チャートの取り込みは必須なのでやっておきましょう。

ヒストリカルデータの取得

まずはヒストリカルデータ(過去の1分足データ)をダウンロードしてきます。

この、FXDDさんのページから取得できます。「USD/JPY」をクリックしてZipファイルをダウンロードします。

ダウンロード後、解凍し「USDJPY.hst」のファイルがあることを確認します。

既存ヒストリカルデータの削除

次に、現行のヒストリカルデータを一旦削除します。

MT4を起動し、画面でメニューバーの「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックしMT4のフォルダを開き、「history」フォルダ→「OANDA-v20 Practice-1(自分が利用しているデモサーバー)」フォルダに移動します。

そして「USDJPY1.hst」「USDJPY5.hst」・・・といったUSDJPY●●.hst系のファイルを全て削除し、MT4を再起動します。

MT4のバー表示可能数の変更

次に、MT4のバー表示可能数を変更します。

MT4の画面でメニューバーの「ツール」→「オプション」をクリックし、オプション画面の「チャート」タブを開き、ヒストリー内の最大バー数、チャートの最大バー数を共に「2147483647」と入力し「OK」をクリックします。

ヒストリカルデータの取り込み

次に、先ほどダウンロードしてきたヒストリカルデータを取り込みます。

MT4の画面でメニューバーの「ツール」→「ヒストリーセンター」をクリックします。ヒストリーセンターの通貨ペアから「USDJPY」をクリックし、「1分足」をクリックして「インポート」をクリックします。

「参照」ボタンをクリックし、先程ダウンロードした「USDJPY.hst」ファイルを選択します。

※ファイルが出てこない場合、赤枠のようにAll Filesを選択すると出てきます

一番下までスクロールし、2005.01.10 02:31のデータが表示されている事を確認し「OK」ボタンをクリックします。※反映されるまでに少し時間がかかる場合有り

次にヒストリーセンター画面でも一番下までスクロールし、2005.01.10 02:31のデータが表示されている事を確認し「閉じる」ボタンをクリックします。

確認後、MT4を再起動します。

これで1分足の2005年~の過去データの取り込みは完了です。 

1分足以外のヒストリカルデータの作成

次に、1分足以外のヒストリカルデータの作成を行います。
※1分足のデータを使って作成するので先ほどと手順が異なります

スクリプト(period_converter_ALL)のインストール

まず、全ての時間足のデータを作成する用のスクリプト(period_converter_ALL)をMQL5のページからダウンロードします。

※period_converter_ALL.mq4をクリックしてダウンロード

クリックすると、ユーザー登録画面がでてきますので登録しましょう。(最近出るようになったのかな?)

翻訳するとこんな感じ。

登録するのが嫌な場合は、以下の赤枠の場所をクリックするとperiod_converter_ALLのソースコードが出てくるので自分でコンパイルして使う方法を取ってもOKです。

period_converter_ALLが用意できたら、MT4の画面でメニューバーの「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックし、「MQL4」フォルダ→「Scripts」フォルダへ移動し、Scriptsフォルダ内に先ほどダウンロードした「 period_converter_ALL.mq4 」をコピーします。

コピーができたら、MT4画面のナビゲーターウィンドウ→「スクリプト」を右クリックし「更新」をクリックします。

スクリプト(period_converter_ALL)を使ってデータ作成

MT4の画面でメニューバーの「ファイル」→「オフラインチャート」をクリックし、「USDJPY,M1」を選択し「開く」をクリックします。

※2005年からのバーなので、凄い数になっていることが確認できます

続いて、 MT4画面のナビゲーターウィンドウ→「スクリプト」 の[+]をクリックし「period_converter_ALL」を M1チャート上にドラッグ&ドロップします。

※スクリプトの一番下に「periodconverter」という似たような名前のものがありますが、こちらは選ばないでください。

ドラッグ&ドロップするとチャートの左上に進行状況が表示されます。進行状況の表示が消えるまでしばらく待ちます。(2~3分かかります)

【補足情報】
「periodconverter」は元々MT4に常備されているスクリプトですが、1つの時間足のみデータ作成(1分足から5分足を作成)してくれるスクリプトです。各時間足分のデータ作成は非常に面倒、一括でデータ作成して欲しい!という事で「period_converter_ALL」が登場してきたわけですね。

データ作成確認

MT4の画面でメニューバーの「ファイル」→「オフラインチャート」をクリックします。すべての時間足のデータが作成されていれば成功です。

以上でMT4で過去チャートの取り込みは完了です。

あとは、バックテストで正常に過去チャートが反映されているかも確認しましょう。

※もし、過去チャートの取り込みがうまくいかなかった場合はこちらもお試し下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました