EAのバックテスト方法

EA
スポンサーリンク

MT4でEAのバックテストをする方法について記載します。

バックテストとは?

バックテストとは、MT4がEAを使って過去のチャートを使って過去トレードしていればどうなったかを確認してくれること(検証)です。

EAを使う理由として、このバックテストができるというのは1,2位を争うメリットです。

バックテストは、もちろんEAが無いとできません。EAがどういう風にトレードするか完全にトレードルールを確定しているからこそなせる術なんです。

バックテストのやり方自体はとても簡単で、事前に軽く設定さえしてしまえば後はボタン1つで、EAで作った通りに何度でもトレード検証してくれます。

最後に検証結果を表示してるので、トレード内容(EAの質)が良いのか悪いのかが一目瞭然になります。バックテストはもの凄く有難い機能なので積極的に活用しましょう。

バックテスト方法

バックテスト前の準備からバックテストを実行することろまでを一通り解説します。

事前準備

MT4の設定

既にリアルタイムでEAが動く事を確認済みの場合は設定不要です。『過去チャートの取り込み』を行ってください。

まず、EAに自動売買をやってもらうようにする設定が必要です。

MT4の画面でメニューバーの「ツール」→「オプション」をクリックします。オプション画面の「エキスパートアドバイザ」タブを開き、「自動売買を許可する」 「DLLの使用を許可する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

※既に設定している場合は、再度設定する必要はありません

過去チャートデータの取り込み

過去チャートデータ(ヒストリカルデータ)を取り込んでいない場合、MT4をインストールしてから約半年分ぐらいのチャートデータしかありません。(MT4のチャートデータは自分のPCにどんどん保持していく形なのでインストール直後はあまりチャートデータがありません)

ですので、過去数年のバックテストを実施したい場合は以下の記事を参考に、過去チャートデータを取り込む必要があります。1度取り込んでしまえば、再度過去データを取り込む必要はありません。

※過去チャートのデータをまだ取得していない方はこちら

【FXDDやアルパリのデータを使いたい場合】

【外為ファイネストMT4の場合(超簡単!)】

ストラテジーテスターの表示

次に、バックテスト画面となるストラテジーテスターを表示します。MT4の画面でメニューバーの「表示」→「ストラテジーテスター」をクリックします。MT4の画面下にテスター画面が出てきます。

テスト内容を指定する

テスター画面で、テスト内容を指定します。指定が必要な項目の説明です。

①EAを指定します

まず、一番左側がエキスパートアドバイザになっていることを確認してください。
確認後、テストしたいEAを指定してください。初期状態だと、サンプルで2つあると思います。

  • MACD Sample (MT4に最初から入っているサンプル)
  • Moving Average (MT4に最初から入っているサンプル)
  • ・・・

【自分のEAを準備していない場合】
とりあえず「Moving Average.ex4」を選びましょう。

【自分が使いたいEAがある場合】
自分で使いたいEAが選択できるようになっているはずなので、それを選びましょう。

②通貨ペアを指定します

テストしたい通貨(まずはベーシックなUSD JPY等)を指定してください。
※過去チャートで取り込んだ通貨を指定しましょう

③期間を指定します

テストしたい足(まずは1時間足等)を指定してください。

④モデルを指定します

テスト方法を指定してください。よくわからない方は全ティックでOKです。

  • 全ティック ⇒ 最も正確な全ティックがベターですが、複雑なEAだともの凄く遅い
  • コントロールポイント ⇒ 一定期間に1度レートを取得し検証する簡易テスト
    ※全ティックよりも精度が落ちるので、これを選択するぐらいなら全ティックを使いたいところ
  • 始値のみ ⇒ 足(バー)が出来た時の値のみでテストするのでテスト時間も高速化できる
    ※足が出来た時に1回だけ動くEAの場合、このテスト方法で問題ないです
    (全ティックの結果とも、ほぼほぼ同結果となるので試してみてください)
    ※1本の足の中で流動的に動くEAの場合、これを選択したらNGレベルです
    (全ティックの結果と比べると、全然違った結果になります)

⑤スプレッドを指定します

自分がEAを行うFX業者のスプレッドに近いものにしてください。0.1銭の場合は1を選択します。また、0.4銭選びたいけど無いじゃないか!という場合も、4と手入力が可能です。
※外為ファイネストなら6、OANDAなら3と設定する感じで良いでしょう

現在値にすると、リアルタイムでスプレッドが開いていた場合(朝方等)にバックテストすると違う結果になってしまうので注意が必要です

⑥期間を指定にチェックをいれてください

どこからどこまでテストしたのを明確にするためにも、基本チェックを入れておきます。

⑦テスト開始日を指定します

自分がテストしたい開始期間を選択してください(何年も前にするとテスト時間が伸びます)
※テストする過去データがない場合、過去データがある所からしかテストできません

⑧テスト終了日を指定します

自分がどこまでテストしたいかの期間を選択してください。

⑨ビジュアルモードを行うかどうか指定します

チェックの有無は状況によって変わります。テストの結果に影響はありませんが、
チェックを入れるとテスト中にチャートが実際の過去の値動きの通りに動いてくれます。初めてバックテストをする方は、是非チェックを入れてバックテストみましょう。『おおー!!これは凄い』となる事間違い無しです。

テストの速度は、チェックの右側のつまみを動かすことで調整できます。

そして、⑩のボタンを押すことで一時中断、再度押すことで再開できます。
※私は大きくEAの動きをかえた場合や、EAをよりよくしたい場合、もう何もする事が無い時はビジュアルモードにチェックを入れて改善点を見つけたりしています

あと、あまり使うことはないかもしれませんが「スキップ」ボタンを押すと、スキップボタンの右側の日付まで飛びます。

テスター画面の縦幅が小さい場合、ビジュアルモード部分が消えているように見えることがあります。隠れてしまっているだけなので、テスター画面の縦幅を広げると、ビジュアルモード部分が見えます。

バックテスト実行する

①~⑨までが指定できたら「スタート」ボタンを押してください。

ビジュアルモードにチェックを入れていない場合

スタートボタン左側のバーがどんどん溜まっていき、最大まで行くと音が鳴ってテスト完了となります。

ビジュアルモードにチェックを入れている場合

チャートが勝手に動きだすと思います。動きだした場合はまず、⑩の一時中断・再開ボタンを押して一時中断し、初期状態だとチャートが見づらいと思いますので、EAにあったチャートにメンテナンスしましょう。

チャートが動き出さない場合も、まずはEAにあったチャートにメンテナンスしましょう。

メンテナンスが終わったら、チャート上で右クリックし「定型チャート」→「定型として保存」をクリックし、定型として保存しておきましょう。次回のバックテストでは保存した定型を反映させるだけで済むようになるので、チャートをメンテナンスする手間が省けます。

定型チャートの保存ができたら、⑩の一時中断・再開ボタンを押してチャートを動かしてEAの動作を確認しましょう。

以下がバックテスト動画です。(※画質が悪い場合、設定で720pを選択すると良くなります)

最後に

お疲れ様でした。以上で、バックテストの方法については完了となります。

バックテストは、EAを改良していくうえでも非常に大切ですし、EAの改良が詰まってきたらビジュアルモードでぼーっと眺めているだけでも改善点が見つかったりするので、どんどん活用していきましょう。

バックテスト結果の確認方法については、こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました