FXで覚えておきたいダウ理論

FX
スポンサーリンク

はじめに

ここでは、FXをやるなら覚えておいた方がいい、ダウ理論について私なりの解釈で記載しています。チャート分析をする上で非常に重要な理論かつ応用にも使えるので、ダウ理論なんて知らないよという初心者の方々は是非覚えるようにしましょう。

ダウ理論とは

ダウ理論というのはチャールズ=ダウさんが100年以上も前に(株価に対して)提唱した理論なので、とても古くから認知されている理論となります。ダウ理論には6つの法則というものがあります。

  1. 平均(株価)は全ての事象を織り込む
  2. トレンドは3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階ある
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドの転換は明確なシグナルが出るまで継続する

よくわからない内容もあるかもしれないですが、これを私なりにFXバージョンで解釈し、重要だと思った1,2,3,6の原則について解説していきます。

1.平均(株価)は全ての事象を織り込む

平均(株価)というのは、FXでわかりやすく言えば価格です。

価格は全ての事象を織り込むというのは、例えば経済指標で価格が動いたりテクニカル的に価格が動いたり地政学リスク(米中貿易戦争みたいなもの)で価格が動いたり、といった価格の上げ下げの全ての事象をひっくるめて価格に反映されていますよという事です。

つまり、チャート上で確認できる価格(過去のチャート含めて)は全ての事象が織り込まれた価格になっており、価格こそが全てということです。

ですので、テクニカル分析をしているのならば現在進行形で影響しているファンダメンタルズ的な分析も当然織り込まれている事になります。テクニカル分析をして、さらに〇〇ショックだから上げすぎだし、だんだん下げてくるだろうと予測するのはファンダメンタルズ分析が2重に効いている事になります。なので私は、テクニカル分析さえしていればファンダメンタルズ分析も織り込まれているという認識でファンダメンタルズ的な事は意識せず、テクニカル分析のみ行っています。
※とはいうものの、経済系のニュースは気になるのでちょいちょい確認しています

2.トレンドは3種類ある

トレンドは時間的な要素を含めて3種類に分類されるという事です。

  • 主要トレンド→年周期(日足~週足)
  • 2次トレンド→3週間~3カ月(1時間足~4時間足)
  • 小トレンド→3週間未満(1時間足未満)

それぞれ時間軸ごとにトレンドがあり、小さいトレンドが大きなトレンドを作る、反対に大きなトレンドの中に小さなトレンドがあるといったような感じになります。5分足で見ると下降トレンドですが、4時間足的には上昇トレンドだったといった状況も当然あるということです。

5分足では下降トレンドですが4時間足で見てみると・・・

上昇トレンド中のわずかな下げだったということも良くあります。

ここで大事なのは、トレンドは大きいものの中に小さなトレンドが形成されているこということで、見方によって変わるという事です。

3.主要トレンドは3段階ある

主要トレンドは3段階あるというのは、2のトレンドは3種類あるとちょっと似ているようで、全然違います。1つのトレンドの中に3つの段階があるという事です。

第1段階.先行型の投資家が買い始める時期で、ここを狙っていくのはかなり意識していても難しいです。

第2段階.トレンドフォロワー型の投資家が狙っていく時期で、一般的にはトレーダーが一番狙いやすい場所かつ利益が取りやすい場所とされています。

第3段階.加熱時期で、第2段階よりも高値を狙っていきますがなかなか上がれない状態が続きます。最終的に上がりきれずにトレンド転換しやすい箇所とされています。主に宣伝・広告や口コミから市場参入する参加者が多いとされています。

身近な例で3段階のトレンドを例えるとビットコインがいい例です。

第1段階はビットコインの値段が20万円ぐらいまでで推移している時期になります。世間的には殆ど認知されておらず、一部の先行型の人が買っているだけの状態です。

第2段階はビットコインの値段が20万円~170万前後までになります。20万円の後半あたりから大きく値段が上昇し始めます。100万を超えたあたりではかなり世間に知れ渡るようになっていたと思います。この時期は、宣伝等から一般参加者が儲かるみたいだと参入しはじめる時期でもあります。
※一般大衆向けに宣伝が始まったり、芸能人の方々が口にするようになると第2段階の終盤という捉え方を私はしています

第3段階はビットコインが170万から220万付近で上下にもみ合っている時期になります。第1段階、第2段階で買った人達が利益を確定しているので値段がなかなか上がりません。まさに下降トレンドへの転換点となります。

ここで大事なのは、トレンドは3段階あり、第2段階でしっかり参入できたかどうか、また第2段階の終盤や第3段階で自分が買っている場合はそれを自覚し、売りの勢力がだんだんと出てくるぞと身構える必要があります。

6.トレンドの転換は明確なシグナルが出るまで継続する

これはダウ理論の中で最も意識されている内容ではないかと思います。個人的にもこの理論はかなり重要だと思っています。

明確なシグナルというのは、簡単に言うと高値の更新と安値の切り上げになります。

上記のような感じで、高値の更新と安値の切り上げが行われている場合は上昇トレンドが継続とします。そして、高値が切り下がった⑤高値、安値が更新された⑤安値より下の部分(青線の部分から)トレンド転換が発生しています。上記の場合、かなり大雑把に線を引いておりますが、もっと細かくみても結構この高値の更新と安値の切り上げで上昇トレンドを形成しています。
※下降トレンドは、高値の切り下げと安値の更新になります

ダブルトップやダブルボトムとの組み合わせ

ダブルトップ、ダブルボトムについてもFXのチャートを見ていく上では非常にメジャーな見方です。私の場合、ダウ理論の6と組み合わせてダブルトップやダブルボトムが形成されたと判断するようにしています。とりあえず質問形式で解説していきます。

例えば、下図①②③を見てダブルボトムと判断しないものが1つあります。どれかわかりますか?

正解は①で、この形はダブルボトムとして判断していないです。

理由は簡単で、①は安値が切り下がっています。なので、まだダウントレンドが継続しているのではないかと警戒するため、この場合はダブルボトムが形成されたという形では見ないです。

また、②か③であればどちらが良いか?という場合であれば③の方が上がる可能性が高いダブルボトムという風に位置付けています。理由は、②は安値の切り下がりは止まっただけですが、③は安値を切り上げているためです。

ダブルトップの場合の判断も全く同じでこの逆バージョンになります、高値を更新したダブルトップの場合はダブルトップとして判断しないとしています。

ヘッドアンドショルダー(三尊)との組み合わせ

ヘッドアンドショルダー(三尊)についてもFXのチャートを見ていく上では非常にメジャーな見方です。私の場合、ダウ理論の6と組み合わせてヘッドアンドショルダー(三尊)が形成されたと判断するようにしています。先ほどのダブルトップ・ダブルボトムの内容と同じですが、こちらも質問形式で解説していきます。

下図①②③④を見てヘッドアンドショルダー(三尊)として一番エントリーしやすいものはどれかわかりますか?

正解は④で、この形はヘッドアンドショルダー(三尊)として一番いい形ではないかと思っています。

理由は、④の場合のみ前回の安値を既に切り下げているからです。一番駄目なのは②でこれは高値を切り上げているので駄目という判断にしています。①や③も最終的には安値を切り下げるので良いのですが、④に比べると少しエントリーポイントが遅くなります。

私は、大体黄色〇の箇所でエントリーします。ダウ理論の通りに行くならば①③の場合は安値を切り下げを確認する必要があるので黄色〇のエントリー部分が少し遅れています。しかし、④に関しては既に安値を切り下げているので高値の切り下げを確認した後であればエントリーしています。ヘッドアンドショルダー(三尊)のセオリーは①③のタイミングでエントリーですが、私は④のタイミングで入っていっても全然OKで好きなパターンです。

ダブルボトムや三尊も結局はダウ理論の6である

ダブルボトムや三尊について見ていきましたが、結局はダウ理論の6(トレンドの転換は明確なシグナルが出るまで継続する)を知っていればほぼ説明がつくと思います。つまり、ダウ理論の6を知っていれば、ダブルボトムや三尊を知っていなくてもトレンドの転換点がわかるという事です。

何となくダブルトップに見える、三尊に見えるという理由でエントリーするのではなく、高値を更新して安値も切り上げたからロングエントリー、高値を切り下げて安値を更新したからショートエントリーという形にして、そこに付加価値としてダブルボトムになっている・三尊になっているという見方をするようにしています。

さいごに

ダウ理論について説明しましたが、ダウ理論は非常に重要な理論ですが、絶対にダウ理論の通りになるといった考え方は危ないです。(レンジ相場だと結構外れます)

あくまでダウ理論というものが相場の中にあり、意識される状況があるという感じです。

また、ダウ理論の6を意識することでダブルボトム、ダブルトップや三尊に対する見方(強いダブルボトムや、弱いダブルボトム等)がわかってくると思います。

あと、ダウ理論をEA(自動売買)で実装するとなるとZigZagを使うと比較的簡単に実装できます。

※ 自動売買の始め方


※ オススメEA

FXFX(ノウハウ)
スポンサーリンク
ぷろぐらむFX

コメント

タイトルとURLをコピーしました