FXで覚えておきたい基礎単語・用語集

FX
スポンサーリンク

ここでは、FXをやる上で初心者でも最低限覚えておいた方がいいと思う基礎単語・用語をまとめています。

単語

口座・基礎部門

 
単語意味
FX口座FXを行う際、FX用の口座を開設する必要がある。自分の資金を開設したFX口座に入金し外貨の取引を行う形になる
証拠金FX口座に入金しているお金のこと
レバレッジ入金しているお金の、(国内では)最大25倍の金額の外貨を取引できる仕組みのこと
必要証拠金外貨を購入する際の最低金額。1ドル100円の場合、1万ドル買うのには日本円で10万円が必要となるが
レバレッジが25倍効くことにより約4万円で1万ドルを買うことができる。この約4万円というのが必要証拠金
証拠金維持率とにかくこれが100%を下回ると危ない。口座入金額が4万円で、1万ドル買った場合証拠金維持率は約100%である
ため、1万ドル買う場合は口座入金額は10万円以上(証拠金維持率250%)あるのが望ましい
ロスカットFX業者が、証拠金維持率が危険と判断した場合に保有外貨を強制的に売却してしまうこと
※危険と判断する条件はFX業者によって異なる
スプレッド買い・売り注文時の金額の開きのこと。外貨を買った瞬間即座に売ったとしても(値動きが無くても)必ず若干損をする。
スプレッド値は狭ければ狭いほど損をする金額も低くなるため狭い方がお得という認識でOK
※手数料的な位置付けで、FX業者によって値は異なる
スワップ日本円と外貨の金利の違いにより発生する差額金利のこと
※FX業者によって値は異なる
経済指標各国が発表する経済状況を数値化したもの。特に重要な経済指標時は値段の乱高下・スプレッド値が開くので
重要指標発表時(発表時間は事前確認可能)は注意が必要
裁量売買エントリーから決済、指値注文等を全て自分の手で行う売買手法
自動売買エントリーから決済、指値注文等を全てまたは殆どをシステムで行う売買手法(トラリピやEA等)
トレンド長期的に見られる一定方向への価格の動き。相場の傾向

エントリー部門

単語意味
エントリー新規注文し、外国通貨を保有すること
ロング買いのこと。割とFXをやる人は買いよりもロングと言う気がします
ショート売りのこと。割とFXをやる人は売りもショートと言う気がします
建玉(たてぎょく)買ったり売ったりして未決済で保有している通貨ペア(ポジションともいう)
決済通貨ペアを売る・買い戻しすること
利確利益が出た状態で通貨ペアを決済すること
損切り損失がでた状態で通貨ペアを決済すること
ストップロス思惑から逆方向に値動きした際に強制損切りすること

注文部門

単語意味
新規注文新規にポジション保有する注文のこと(エントリーと同じ)
決済注文ポジションを決済すること(決済と同じ)
指値注文ポジション保有している際、思惑方向に値動きした際に強制利確する注文のこと
逆指値注文ポジション保有している際、思惑と逆方向に値動きした際に強制損切りする注文のこと
変更注文ポジション保有している際、指値注文等を変更する注文のこと
OCO注文指値、逆指値を同時に注文できる注文のこと

チャート部門

単語意味
チャート過去~現在にかけての値動きの記録
時間足チャートには、1分単位の記録~1日単位の記録等、値動きの記録を時間単位に確認できる
ローソク足チャート上に表示される、値動きの記録を時間(分)単位で細分化したもの
インディケータ値動きを色んな側面から計算したもの。代表例として、移動平均線・ボリンジャーバンド・MACD等がある
テクニカル分析値動きやインディケータを使って、今後の値動きを分析すること
ファンダメンタルズ分析現在の世界経済や経済指標等を使って、今後の値動きを分析すること

さいごに

まずは、単語を覚えることは重要です。最初は良くわからない単語だらけだと思いますので、まずはデモトレードを利用して単語を覚えていくと、結構すんなり覚えていけると思います。
※デモトレードは、実際のお金は不要なのでゲーム感覚でできます

FXFX(ノウハウ)
スポンサーリンク
ぷろぐらむFX

コメント

タイトルとURLをコピーしました