私が専業FXトレーダーになった理由

FX
スポンサーリンク

はじめに

今回は私が会社を辞めて専業FXトレーダーになるまでについて書いていきたいと思います。

専業FXトレーダーに求めたもの

私が専業FXトレーダーとして求めたものは、時間的余裕かつ収入アップです。

会社で一会社員として働きお給料を貰っている以上、時間的拘束は必然です。お客さんの都合にも合わせていると自分の時間はどんどん失われていきます。給料はある程度貰っていましたが時間に余裕がなく、そこから収入を上げるにはさらに時間を犠牲にする必要がありました。

私が会社を辞める前の専業FXトレーダーのイメージとしては、

  • 朝昼晩いつトレードしてもいい
  • 出勤しなくていい
  • うまくいくと稼げる

最高じゃないかっていう感じでした。
※私のFX成績を見てもわかりますが実際はそんなに甘くなかった・・・

会社員時代

IT企業でSEとして働いていた私ですが、FXもやっていました。

入社3年目で初めてFXをに手を出し最初は良かったものの結局300万円を失って1度引退しました。
※入社4年目はFXの事は完全に忘れていました

入社5年目でふとFXの事を思い出し今度は勝ってやろうと勉強を始めます。といっても仕事もかなり忙しかったので、好きだったゲームやテレビを捨てFXの事ばかり勉強してました。

仕事かFXの勉強かパチスロだけで3年が過ぎました。

入社8年目には実際のお金を使ってFXを再開しました。といっても就業時間中にポジションを持っていると(わりと大変な仕事だったのもあり)全然仕事にならなかったので就業時間外でのスキャルピングばかりでした。この年は色々試行錯誤もありマイナス収支(確かマイナス50万ぐらい)でした。
※デモトレードだと出来た損切りが実際のお金だとこうも出来ないのかと悩みまくりました

入社9年目には損切りもだいぶできるようになり、FXを始めて初の年間を通して若干のプラスで終える事ができました。もう少し時間があれば分析とかもできるし、トレードタイミングとかも良い所あるんだけどなーという考えを持つようになります。

そして入社10年目、この年も半年終わりでプラス収支だった&3年ほど携わった大きなプロジェクトも終わりをむかえたので退職する事にしました。
※退職しようと思ったのはこの年で決断ははやかったです

会社を辞めた理由

決め手となった会社を辞めた理由はこれです。

ここで辞めなかったら絶対後悔する

もし会社を辞めていなかったら、『あの時やめてたらどんな人生だったんだろうなー』ってずっと後悔しながら一生を終えるのかと思ったからです。

もし会社を辞めて投資家として失敗したとしても『あの時会社辞めていなかったらなー』とはならないと思いました。

失敗しかけたとしても這い上がれよ

と、それぐらいの覚悟は持っていました。仮にもう駄目だとしてもそっから新しい仕事を全力で探せばいいし、自分のやりたい事をやるんだからそれぐらいのリスクは背負って当然っていう感じでした。
※某有名格ゲープレイヤーの考えにかなり引っ張られてますね・・・

とにかく仕事をやめた自分がどこまで稼げるかを知りたかったんです。やはり仕事の大変さによってFXの成績も左右されることが多く、FXに専念したかったというのも大きいです。

とはいっても後ろ盾は必要

私は辞めると思ってすぐ辞めちゃいましたが、やはり辞めた後に失敗したらどうしようという不安はかなりありました。

そこで後ろ盾となったのが、投資以外で稼ぐ手段です。(私の場合はパチスロです)

FXで失敗しても最悪そっちで稼げばいいやと思いました。パチスロでもYouTubeでもブログでもバイトでもそれで稼ぐことを許容できれば問題ありません。仕事を辞めた人の一番の武器は

有り余る時間

です。

とはいってもそっちで稼ぐことに力を入れてしまうと仕事を辞めた意味が無くなってしまうのであくまで保険、心のより所です。

ですので、

仕事を辞める前に何か後ろ盾になるものを見つけておく

と仕事を辞める足掛かりになると思います。

逃げ癖は付けない

仕事を辞める時、気を使った事があります。それは辞める時に逃げるように辞めないことです。

実際プラス収益を出した9年目の終わりに辞めようかとも思ったし、そこで辞めると多分楽だったんですが会社のプロジェクト終盤で抜けると、辞めてから『あの時逃げちゃったな』って後悔すると思いました。会社の人は間違いなくあいつ逃げたなって思うので、それも嫌でした。

投資で苦しくなっても『会社から逃げたようにまた逃げるのでは?』と自分でそう思ったので、とにかく会社での仕事も『やりきってやるんだ』ととにかく意識してプロジェクトの完了と引継ぎまでしっかりとやりました。

これは憶測なので何とも言えないですが、会社を逃げるように辞めて専業投資家を始めたとしても結局うまくいかないと専業投資家からも逃げ出しちゃうと思います。

さいごに

以上が、『私が専業FXトレーダーになった理由』です。

今会社を辞めて専業になろうか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

すぐにFXで稼げる天才トレーダーもいるとは思いますが、私のように中々稼げない凡人トレーダーの方が多いと思います。

凡人トレーダーはあまり稼げなかったとしても、とにかく稼ぐことを模索し続ける努力が必要です。それが出来ない人は専業には向いていないかもしれません・・・。

※ 自動売買の始め方


※ オススメEA

FXFX(ノウハウ)
スポンサーリンク
ぷろぐらむFX

コメント

タイトルとURLをコピーしました