MT4で「LiveUpdate: old version, try to download new one」というエラーが発生する

MT4
スポンサーリンク

あまり使っていないFX口座のMT4を久しぶりに立ち上げたりすると、「LiveUpdate: old version, try to download new one」というエラーが発生しチャートが最新の状態に反映されないといった問題が起こる場合があります。

今回は、その問題を解消していきたいと思います。
※alpariで問題が発生したので、 alpari版で説明しています

このエラーは大抵の場合、どのブローカーでも最新のMT4に更新したら直る!

最新のMT4を入手する

まずは最新のアルパリ版MT4を入手するまでの手順です。

1.ログイン

アルパリ公式ページからログインします。

赤枠で示している、人型のボタンボタンをクリックします。

ログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入力し「LOG IN」ボタンを押します。

※ログイン情報が残っていたらパスワードだけ入力する形になります

注意

初回取得したIDとパスワードを忘れてしまったら、また1から会員登録しなおしになりますので以下の記事を参考に無料会員登録してください。

2.MT4ダウンロード

ログインすると、マイページ画面に切り替わります。

※ブラウザの設定で日本語翻訳すると、こんな感じで見やすくなります

「プラットフォームとアプリケーション」をクリックし、「MetaTraderをダウンロード」をクリックします。

メタトレーダー4の「プラットフォームをダウンロード」をクリックします。

『alpari4setup』がダウンロードされます。

3.旧MT4のアンインストール

ダウンロードはすぐ終わりますが、今のうちに古くなったMT4をアンインストールしておきましょう。

まずは、アルパリのフォルダーを探します。インストール先を変更してない場合

「C:\Program Files (x86)\Alpari MT4」

ここにあると思うので、ここの「uninstall(.exe)」を実行してください。
※EAやインジケータ等のファイルは別の所に管理されており、消えないので安心してください
※不安な場合、この Alpari MT4 フォルダを丸ごとコピーしてどこかにバックアップしておきましょう

上記の画面が表示されるので、「次へ(N)」をクリックします。

こんな感じでアンインストールが正常に完了すればOKです。「完了」ボタンをクリックして終わりましょう。

4.MT4インストール

旧MT4のアンインストールが完了しダウンロードも完了したら、ダウンロードした『alpari4setup』を起動し、「次へ」ボタンをクリックします。

セットアップが開始されるので、完了したら「完了」ボタンをクリックします。

完了ボタンを押すと、以下のようなページがブラウザ表示されます。今回は特に必要ないので何もせず閉じてください。

Alpari MT4のショートカット、

がデスクトップに作成されているのでダブルクリックしてMT4を起動します。

起動してからMT4の操作履歴を見ると、先ほどまで出ていた「LiveUpdate: old version, try to download new one」のエラーが出ずに、ちゃんとログインできていることがわかります。

Alpariのデモ口座は、2週間に1度以上取引をしないと有効期限切れになってしまうようです。もし有効期限切れになった場合は、再度デモ口座を申請しましょう。(私の場合、有効期限切れになってもMT4起動時に勝手にデモ口座申請されて取引できるようになったので1度デモ口座を作っていれば期限切れになったとしても特に問題なさそうです)

さいごに

エラー解決方法は以上になります。

ひさびさに起動すると、上記のような状態になっている事がありますのでその際は焦らずにエラー原因を操作履歴から特定し対応するようにしましょう。

 

※ EAのサンプルソースを一覧表にまとめました


※ オススメ記事(EAが使える国内FX業者の一覧)


※ 1からEAの作り方を学びたい人はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました