MT4で「LiveUpdate: old version, try to download new one」というエラーが発生する際の対処法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

ここでは、FX等に利用するMT4で「LiveUpdate: old version, try to download new one」というエラーが発生しMT4が起動しても口座にログインできない、情報が更新されないといった問題が起こる問題の対処法について記載しています。

はじめに

MT4を立ち上げると、突然使えなくなっている場合があります。『操作履歴』を見てみると、「LiveUpdate: old version, try to download new one」というエラーが出て、MT4が使えなくなっている事があります。

今回は、その問題を解消する方法について解説します。

対処法

対処法はとても簡単です。

エラーの内容を見てみると、MT4のバージョンが古いよという感じの警告が出ています。

という事は・・・

大抵の場合、最新のMT4に更新したら直る!

ということで、最新版にアップデートしてあげましょう!

次章でMT4を最新にする方法を記載していきます。

まずやること

MT4を立ち上げた時に以下のメッセージが出てくることがあります。
※このメッセージで『はい』を押すとMT4の設定とかが変わっちゃうので押したくないんですよね・・・

でも、今回のエラーが出ている時は迷わずこのメッセ―ジで『はい』を押しましょう!

【はい】を押す前(ログインできない)

【はい】を押した後(ログインできる)

すると、上画像のように自動的にアップデートをしてくれてMT4が正常に動くようになります。もちろん口座にもログインできるようになってますよ!

【元々EA等を設置していた場合】
この操作をしてアップデートした後はEAがしっかり設置されている事を確認しましょう。私の場合、いくつかのEAが設置されていない事がよくあります。

これでもうまく動かない場合は以下を試してみてください。

最新のMT4を入手する

私はalpariで問題が発生したので以下alpari版で説明していますが、現在使っているMT4のブローカーで最新版のMT4をダウンロードしましょう!

1.ログイン

アルパリ公式ページからログインします。

赤枠で示している、人型のボタンボタンをクリックします。

ログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入力し「LOG IN」ボタンを押します。

※ログイン情報が残っていたらパスワードだけ入力する形になります

注意

初回取得したIDとパスワードを忘れてしまったら、また1から会員登録しなおしになりますので以下の記事を参考に無料会員登録してください。

2.MT4ダウンロード

ログインすると、マイページ画面に切り替わります。

※ブラウザの設定で日本語翻訳すると、こんな感じで見やすくなります

「プラットフォームとアプリケーション」をクリックし、「MetaTraderをダウンロード」をクリックします。

メタトレーダー4の「プラットフォームをダウンロード」をクリックします。

『alpari4setup』がダウンロードされます。

スポンサーリンク

旧MT4のアンインストール

ダウンロードができたら、次は古くなったMT4をアンインストールしておきましょう。

まずは、アルパリのフォルダーを探します。インストール先を変更してない場合

「C:\Program Files (x86)\Alpari MT4(ブローカー名のMT4)」

ここにあると思うので、ここの「uninstall(.exe)」を実行してください。
※EAやインジケータ等のファイルは別の所に管理されており、消えないので安心してください
※不安な場合、この Alpari MT4 フォルダを丸ごとコピーしてどこかにバックアップしておきましょう

上記の画面が表示されるので、「次へ(N)」をクリックします。

こんな感じでアンインストールが正常に完了すればOKです。「完了」ボタンをクリックして終わりましょう。

MT4インストール

旧MT4のアンインストールが完了しダウンロードも完了したら、ダウンロードした『alpari4setup』を起動し、「次へ」ボタンをクリックします。

セットアップが開始されるので、完了したら「完了」ボタンをクリックします。

完了ボタンを押すと、以下のようなページがブラウザ表示されます。今回は特に必要ないので何もせず閉じてください。

Alpari MT4のショートカット、

がデスクトップに作成されているのでダブルクリックしてMT4を起動します。

起動してからMT4の操作履歴を見ると、先ほどまで出ていた「LiveUpdate: old version, try to download new one」のエラーが出ずに、ちゃんとログインできていることがわかります。

Alpariのデモ口座は、2週間に1度以上取引をしないと有効期限切れになってしまうようです。もし有効期限切れになった場合は、再度デモ口座を申請しましょう。(私の場合、有効期限切れになってもMT4起動時に勝手にデモ口座申請されて取引できるようになったので1度デモ口座を作っていれば期限切れになったとしても特に問題なさそうです)

さいごに

エラー解決方法は以上になります。

ひさびさに起動すると、上記のような状態になっている事がありますのでその際は焦らずにエラー原因を操作履歴から特定し対応するようにしましょう。

※ MT4・EAが使えるFX会社のおすすめ

※ EAのサンプルソースを一覧表にまとめました


コメント