FXで悩まされたメンタル的な事

FX
スポンサーリンク

はじめに

ここでは、私がFXをやってきた中でかなり悩まされたメンタル的な事について書いていきたいと思います。FXをやっているととにかく思い通りに動かないし、自分の思い通りにトレード出来ない!

そんな悩みを解決すべく、私なりの解決策を書いています。人によって合う合わないがあると思いますので、自分に合った解決策を模索することが重要ですが、この解決策が少しでも参考になれば幸いです。

エントリー時

買ったら下がり、売ったら上がる

事象

とにかく自分がエントリーした方と逆行してしまいます。まるで誰かに自分のエントリーが見られているんではないかという錯覚に陥ります。

解決策

この動きこそ相場特有の動き(ゼロサムゲーム)なんだと意識するしかありません。

相場のせいにせず、常に自分が悪かったと意識する

相場の値動きに対して、何でそこで上がんねん、下がんねんとキレる事が多々ありました。※今でも稀によくありますが・・・

ただ、キレていても仕方がないので自分がエントリーしたタイミングが狩られやすい(エントリーするのに心地よい)場所だったという風に落としどころをつけるように意識していくしかありません。

できるだけ大きな時間足を見るようにして押し目買い、戻り売りに注意しつつエントリーしていく、ダマシにあわないよう損切り幅を大きめに取っていく、又は勝ち逃げできるようできるだけ利確幅を小さくしていくしかないです。

あと、総合的にトレードを見ると、ちゃんと思った通りに動いている時もあるのに、うまく利確できていない場合もあったり、思った方向と逆のエントリーをしている場合も結構あったりするため、自分にいいように認知バイアスがかかっている事もあるんじゃないかと常に振り返る事も必要です。

また、自分が思った方向と逆にエントリーすれば勝てていたんじゃないかと思う事がありますが、いざ実践すると逆にエントリーしていたのにさらに逆になりさらに逆になり、逆の逆の逆・・・結局どっちが逆なのか頭がパニックになるのでオススメしません。私もやってみましたがうまくいきませんでした。

エントリーしようと思っていのに、結局エントリーできない

事象

エントリーしない時に限って、予測方向に爆上げ・爆下げする。そして結局エントリーできないで終わり、挙句大きく動いた後にエントリーしたら逆行して狩られる。

解決策

どういう動きを見せたらエントリーするのかという計画を立てて忠実にエントリーしていくしかありません。

エントリータイミングを抽象的ではなく、できるだけ具体的にする

私も、エントリーしようと思っていたのにー!とよくなっていました。ただ、以後似たような展開が何度も訪れましたが、決してエントリーすることはできませんでした。たまにエントリーできた時は殆ど逆行します。

つまり、「エントリーしようと思っていたのにー!」は結果論でそう思ったに過ぎず、いつまでたっても爆益前にエントリーできていない事に気づかされました。人間特有の考え方で、後知恵バイアスという考えがありますが、まさにそれに当てはまるな事象だと思います。

※後知恵バイアス・・・過去の過ぎ去った出来事をあたかも事前に予測できていたかのように思ってしまう事

気付いたら逆張りしている

事象

FXをしていて、順張りエントリーを意識していたはずが、気付いたらもう上がるだろう、もう下がるだろう、と思ってトレンドほは逆の方向にエントリーしている。値ごろ感でエントリーしてしまう。

解決策

以下の言葉を常に意識する。

「もう」より「まだ」!

私も、ふともう上がるだろう、という考えがよぎったりします。トレンドフォローしたい場合は「もう」というフレーズがよぎるたびに思い出しましょう。「もう」より「まだ」まだ上がる!まだ下がる!の精神です。

これだけで順張りエントリーできるようになります。テクニカル指標で、移動平均線やアリゲーターを取り入れると結構順張りを意識できたりします。

決済時

損切りできない

事象

ポジションの利益がマイナスになった途端決済ボタンが全く押せなくなる。

解決策

まず、負けた時の事を第一に考える。エントリー前に損切りポイントを、これでもかってぐらい考えて決める。

・エントリーポイントよりも先に、損切りポイントから決める
・相場に絶対は無いと決めつけ、常に不安に思いながらエントリーする
・損切りできるかできないかはエントリーする前に既に決まっている
 

私が最も苦戦した、損切りができない。もう全くと言っていいほどできませんでした。逆指値を置いたりもするようにしましたが、損失が出だすと逆指値を移動しちゃうわ、挙句逆指値を取り消したりもしていました。血を吐くほど悩んだ課題でした。

一番効果的だったのは、まずエントリーポイントよりも先に損切りポイントを見つけるやり方でした。このやり方は、まず負けた時の事を考えてしまうのでなかなかエントリーできなくなってしまいましたが、明確な損切りポイントがあるので、逆指値を動かすことも無くなりました。

さらに、損切りポイントを考え抜いて決めたとしてもやはり負けるときは負けます。相場に絶対は無いと言い聞かせ、常に『負けるかも』と消極的にエントリーするぐらいでOKです。

あと、絶対に何となくでエントリーしない事。何となくでエントリーした場合、明確なエントリー根拠が無いので明確な損切り根拠もありません。明確な損切り根拠が無い場合、ほぼほぼ間違いなく損切りすることは不可能です。損切りできるか出来ないかはエントリーする前から既に決まっているのです。

少し利益が出たら決済してしまう

事象

1pips、2pips利益が乗ったらすぐ決済したくなってしまう。

解決策

まず、負けた時の事を第一に考える。エントリー前に損切りポイントを、これでもかってぐらい考えて決める。。

基本的に損切りができるようになってくると改善されていく

解決策には、損切りできないと同じ内容を書いていますが、私の場合は損切りがしっかりできてくるようになると利益も結構とれるようになってきました。

自分がエントリーして、もし最後の砦が薄っぺらい状態だと不安で仕方ないですが、最後の砦が考えに考え抜かれた頑丈な物であれば不安は和らぐものです。

損益部門

爆勝ちしたらじわじわ負け、負けだしたら爆負けする

事象

凄い勝った後、徐々に負ける。プラスマイナス0付近まで負けてしまうとさらに大負けしだす。結局負ける。

解決策

ロット数を変えない。損切りポイント、エントリーポイントは勝った時程しっかり考える。

・勝って兜の緒を締めよ
・どうやったらエントリーするか、メモ帳に書いて全てクリアしたらエントリーする
 

私もそうなのですが、たまに大勝するとFXなんて余裕だ!FXのコツ掴んじゃったわ!と勘違いすることがよくあり、損切りポイントやエントリーポイントがだんだんとルーズになってきます。そして負けだすとだんだん焦ってきて、勝った分を取り返そうとロット数を増やしたりして、そこで損切りを食らって結果大負けになったみたいな経験がよくありました。

勝った時ほど、次のエントリーは慎重に行いたいです。そして、私は慎重にできなかった・・・ので、エントリーする手順を全てメモ帳に書き出して全てクリアしたらエントリーするという手法を取りました!

あと、今日は勝って終わらせたいとか負けた分を取り返したいとか思うのは絶対にNGです。そう思った瞬間、殆どのエントリーが普段とは違う無謀なエントリーになっています。

コツコツドカンで負けてしまう

事象

少しずつ勝ちを積み重ねていたのに、一気に負ける。一気に負けた後はさらに負けやすくなる。

解決策

損切りをしっかりする。

ちゃんとエントリーに根拠があるのか(期待値が高いのか)確認する

なぜコツコツ勝てるかというと、簡単にいえば損切りしないからです。

大雑把ですが勝率を90%にしようと思ったら、11pipsの損切りを受け入れて1pipsの利益を得るようにトレードすればなんも考なくてもコツコツ勝ててしまいます。

※MT4の自動売買のバックテストという方法で確認しました

自分でも本当なのか?と思って試してみました。何も考えずに2020年1月から約1000回トレードした結果です。勝率90%になっており、勝ちトレードの平均が1pips、負けトレードの平均が約11pipsになっていることがわかります。
※1pipsは10、10pipsは100という扱いです

要は損切り幅を広げると、テクニカル分析的な要素に関わらずコツコツ勝ててしまうので、コツコツ勝つトレードをするために損切り幅を無意識に広げてしまい、いずれドカンと負けるという形です。テクニカル分析がしっかりしていれば、コツコツ勝ててプチドカン負けという形になるはずです。反対にテクニカル分析がしっかりしていなければコツコツ勝てて、ドッカーンと負けてしまいます。

コツコツ勝てるのはとても楽しいですが、エントリー根拠がしっかりあるのかを確認しつつ期待値の高いトレードを行うようにしましょう。そうすれば、トータルでコツコツコツコツ勝てていくはずです。

FX部門

FXから退場させられる

事象

数百万円負けた・・・、もう終わりだと思ってやる気が無くなる。

解決策

失敗を経験にする。

人間は失敗をして成長する生き物です。失敗を生かすも殺すも自分次第。

私は、最初300万円でFX運用を始めて一時ビギナーズラックだけで1000万円超えを達成しました。そこから、急転直下で転げ落ちて元本の300万円を割れてさらに貯金をつぎ込み、結局400万円近く失い1度FXから退場しました。

ただ、その経験があって色々勉強するようになったし、FXで負けだした時も昔よりかははるかに(FXに限らず)冷静さを保てるようになったので、今ではいい経験だったなと思えるようになりました。

負けたお金は返ってきませんが、負けた経験は今後の人生において(FXでなくても)必ず生きる場面はある(生かせるように努力できる)と思うので数百万円損をしたと思わず、いい勉強代だったと思うと少しだけ幸せになれます。ポジティブシンキングというやつです。

さいごに

私がFXをやってきて、メンタル的に悩んだことを書きました。色々書いていますが、今でも裁量トレードを(手動で売買)すると勝った負けたの感情で左右され、思い通りにトレードできなくなることもあります。思い通りにトレード出来ない場合、は以下の記事も参考にしてみてください。


それでも、全然思い通りにトレード出来ない場合はEA(自動で売買)を導入するのも1つの手だと思います。

EAはメンタル的な問題がほぼないので、本当にメンタル面で困っている場合はEAをオススメします。(EAでメンタル的な問題があるとしたら、実績の無いEAを運用して負けまくるとメンタルがやられます)

※ 自動売買の始め方


※ オススメEA

FXFX(ノウハウ)
スポンサーリンク
ぷろぐらむFX

コメント

タイトルとURLをコピーしました