裁量トレードで大損しました(2022年)

FX
スポンサーリンク

はじめに

2022年3月に1回の裁量トレードで約350pipsという大損をしてしまったので、その反省と今後の展望等を記載していきます。

地獄の11日間

2022年の裁量トレードも上々の出来で、最近の相場はわりと読みやすいな!?と思っていました。

そんな矢先、2022年2月末にロシア・ウクライナで戦争が勃発。こんな大きな戦争はFXをやっていて経験した事がないもんですから、一旦はリスクオフで米ドル/円は下げるのかなと思い、ショート目線でトレードしていました。

直近では大きく下げMAも下抜けた事もあり黄色矢印の114.797でショートエントリーしました。損切りポイントは漠然と赤の水平線ラインで116.400付近かなと考えていました。

これが地獄のはじまりでした。

予想もむなしく、米ドル/円相場はエントリーして以降大きく上昇していきます。

損切りポイントの116.400は漠然と設定したこともあり、損切りポイントを簡単に超えすぎて損切りできませんでした。ストップロスも設定しておらず・・・。はやく損切りしないとと思いながらも、でもどこかで一度調整の売りがあるだろうとそのままにしていました。ダメなパターンまっしぐらです。

結局押し目や調整売りで大きく下げる事もなく簡単に117円、118円へとあがっていきました。こうなってしまうと思考が停止し、

下がれ下がれとお祈りするだけの日々

が続きます。
※ただ損切りするための根拠探しは常にしていました

ようやく118円から117円台に50pipsほど下げる所がありましたが、簡単に118円に戻り高値も更新しました。

この値動きを何とか損切りの根拠として自分の中で整理できたので、

奇跡的に右手の人差し指が動き決済ボタンを押す

事ができました。118.321での損切りでした。

損失は大きかったですが、昔だと損切りは出来てないと思うのでこれだけでも成長ですかね!
※自動売買側はロングエントリーをばんばんしていたのでそれも後押ししたかもしれません(笑)

この赤枠のトレードが約350pipsのマイナス分です。11万通貨で約40万の損失はヤバい・・・。

今年順調だったプラス収支分も一気に吹っ飛びました。エントリーしてから約11日の期間でしたが久しぶりにキツイ日々を過ごしました。

ただ結果論になりますが、ここで損切りできたのは良かったです。

結局125円まで一気にあがりそこから121円前半まで戻しますが再度125円を超える動きになったので、もし損切りできていなかったら現在も保持したまま地獄の1ケ月間を過ごしたことでしょう。

近年はレンジ相場というか戻る事がかなり多かったですが、戻る事を期待すると途端に損切りできなくなりますね。普段結構トレンドフォロー派の私もレンジだろうと思った矢先に捕まったので相場ってよく出来てるなとあらためて怖くなりました(笑)

今回のトレードの反省

今回このような失敗トレードをしてしまった理由について・・・。

理由は簡単で、損切りポイントを漠然と116.400としてストップロスも置かなかったからです。どこかでレンジや下げで上げる事はないだろうと過信していたのもあります。

やっぱりストップロスはエントリー前にガチっと決めないと損切りできないですね。

人間失敗しながら学習する生き物です。損切りが大切といいながらこうやって損切り出来なくなることもあります。

損切りした後は・・・

さて、晴れて損切りできたのですがその後はどう立ち回ればいいでしょう。

ドテンしたり休憩したりという手段がありますが、私はドテン派で損切りする前までの見方と逆の見方に変えてトレードします。損切りするまでは下がるという考えでしたが、上がるという考えに変えます。

意図しない損切りは目線を変えるのは難しいけど、今回のように自分で切った損切りは目線を逆に変える事はいとも簡単にできます。なぜならさっきの損切りを正当化(意味のあるものにしたい)させたいからです。

でも、目線を逆(ショート目線からロング目線)にしてもまたやられてしまったら、その時は休憩でいいかなと思います。

今回はある程度早め?にロング目線に変えたことで、痛かった損失もなんとか補う事ができました。

ただショートは全く入らないのかといえばそうではなく、ちょいちょいショートエントリーもやっています。理由は一番最後に記述しています。

ただ、ショートポジションの損切りは迅速(直近の最高値付近)にという感じです。そしてロングエントリーは強気に遅めからでもバンバン入ってます。(ショートのドテンでロングみたいな感じ)

現在ショートエントリーでは全然成果が出ていませんが、これも結果論。もし調整下げ等があったら利益は取れてるはずです!ただ、上の勢いが凄いだけ・・・。

FX引退した初期の頃を思い出す

こんな上の勢いが凄い米ドル/円ですが・・・、

私が初めてFXに手をだした2010年から2011年も結構似たような感じで(ロングとショートは逆のパターンですが)、米ドル/円がただただ下がる日々がありました。

米ドル/円は過去何十年も80円を切った事なんて無いんだから80円は切らないだろうって感じでトレードして爆損しました。

米ドル/円の月足です。※青枠の部分が私が初めてFXをやり、退場するまでの所です

初っ端をロングで勝てて1000万円ぐらいの利益がでたのもあり、私はひたすらロングポジションを持ってました。この頃は国内のFX業者でもレバレッジが200倍までいけたので100万円の元手でもすぐに1000万円までいけました。

でもその後が地獄の始まり、下げる下げる。週明けの窓で大損したり・・・、野田財相頼みの為替介入(確か2,3回午前10時半にやってた)で利が乗るもさらに下げて損切り食らったりと、80円台になると為替介入のフェイクニュースも飛び交う激動の日々でした。

結局稼いだ1000万円も使い果たし初期投資分の100万円でも厳しくなったので貯金200万円も追加投資し80円付近でロングしました。

しかしながら、この時は75円まで落ち私は強制ロスカットを食らい投資額300万円をほぼ全て使い果たし約1年間マイナスポジションと向き合いながらFXから退場させられました。

その後の値動き

その後の値動きとしては歴史的円高の75円をつけたあと、アベノミクス効果で125円まで一気にあがったり大統領選でトランプさんになって下げたり、その後トランプマジックで下げた分を戻しにいったりと結構トレンドが発生していますが、それ以降2015年~2021年はレンジ相場ですね。

こうやって見ると、現在はここで切り返すのかどうかという感じですが上への勢いが強いような気がしています。

さいごに

『裁量トレードで大損しました』という内容でしたが、最終的に損を補う事ができました。

結局何が言いたかったのかといいますと、

今『ショートポジションを持ちっぱなし』は危険!

ということです。(米ドル/円で)

理由は歴史的な高値を更新していたり、世界情勢が不安定だからです。

明確な根拠があるショートならいいですが、126、127、・・・130円はいかないだろうという漠然とした根拠のみだと危険です。過去の私みたいにマイナスポジションとお友達になりそのポジションに愛着さえ芽生えますが、どこかで損切りする決断も必要です。

でもFXって難しい。じゃあ絶対にロングだと思い込んでしまうと、今度はロングポジションの損切りが出来なくなるのでこの考えも危険です。私は8:2ぐらいでロングみたいな考え方をしています。

もしかしたらショートもあるなっていう臨機応変な考えが必要です。

※ 自動売買の始め方


※ オススメEA

FXFX(ノウハウ)
スポンサーリンク
ぷろぐらむFX

コメント

タイトルとURLをコピーしました